臭気成分自動測定システム GCT-201:ジェイ・サイエンス グループ

分析機器のことならどんなニーズにもお応えします

HOME

その他の分析関連機器

臭気成分自動測定システム
GCT-201

コールドトラップ法により焼酎等酒類の原酒に含まれる不快臭の原因であるイオウ化合物を濃縮し、ガスクロマトグラフ法にて高感度分析を行います。
サンプルをセットした後、N2パージ、低温濃縮、加熱脱離、GC分析、データ処理までの一連の操作を全自動で行います。

【特長】
・液体酸素または液体アルゴンを使用したコールドトラップ法による自動濃縮システムです。
・煩雑な濃縮操作からGCによる分析まで一連の操作を自動で行います。
・操作性、機能性を重視した設計で、誰でも簡単に操作することができます。

詳細はこちら
詳細はこちら