オートサンプラー JMA1001 【Auto Sampler】:ジェイ・サイエンス グループ

分析機器のことならどんなニーズにもお応えします

HOME

有機元素分析装置

オートサンプラー JMA1001
【Auto Sampler】

最大で49検体分の試料ボートがセット可能で、燃焼後の灰分をそのまま回収します。自然冷却後は、灰分量の測定や、灰分を他の分析に利用できます。

【特長】

長時間の連続運転に対応
・最大で49検体の連続分析が可能なため、長時間の無人運転が可能です。

灰分回収
・灰分がそのまま回収できることで、燃焼経路に灰分を残さないためクリーニングが不要です。

詳細はこちら
詳細はこちら